• 近づいてみる。

    2020年02月16日

    「せきつい さぶらくせーしょん って、シバオさんがしつこく言いよったけん…覚えっしもうた」

    変形性頸椎症。良く聞きますよね。

    このクライアントさんもサードオピニオンまで受けられて、この診断をもらったそうです。

    医療機関で撮影されたレントゲン、MRI等の画像を持参して来られ、ご自身の問題にもかなり前向きな方です。

    資料として持参されたレントゲン画像やMRI画像を見て、私自身が分析して云々と言える立場ではありませんが、ガンステッド等のフルスパインでいう退行性変性が見られ、椎間板レベルではphase3~phase4といったところでしょうか。

    と言っても、私自身がターゲットとするのは脊椎サブラクセーションなので、あくまでもクライアントさんがサブラクセーションフリーになれる状態に近づける手助けをすること。

    今朝方、チェックに来られた冒頭のクライアントさん、診断に基づいた症状も全く無くなり、趣味に奔走されています。

    きっと…いや、ほぼほぼ椎間板の変性等は画像上では変化はないでしょうし、医療機関ではまだまだ問題有りの状態でしょう。

    しかしそれでも、脊椎サブラクセーションからフリーな状態に向かっているのはチェックした内容で明らか。

    いかに脊椎サブラクセーションフリーに近づくという事に大きな意味があるか。

    この事に気づいているカイロプラクターはどれくらいいるんでしょう。

    痛みを。

    症状を。

    病気を…治す、軽減させる事に躍起になり、本来の目指すところを履き違えている、はたまた本来目指すところに迷いがあるカイロプラクターが大多数ではないでしょうか。

    私達カイロプラクターはあくまで、クライアントさんが脊椎サブラクセーションからフリーになる事だけにフォーカスするだけです。

    そうすれば、クライアントさんのイネイトは正直に答えてくれます。

     

    PREV
    BACK
    NEXT
  • CONTACT

    お問い合せ

    〒810-0022
    福岡市中央区薬院4丁目3-7 フローラ薬院602

    ※完全予約制になります。
    ※セミナーへの出席等で上記の曜日以外でお休みを頂く場合があります。

    TEL

    完全予約制となります。

    contact

    お気軽にお問合せください。

    COPYRIGHT ALO STRAIGHT. ALL RIGHT RESERVED.